桜の橘寺へ

4月3日に奉納揮毫をさせていただいた作品を

1週間ほど、本堂に置いて下さるということを伺っていたので

再び、橘寺(奈良・明日香村)を訪れました。

桜と菜の花が美しいです。

 

橘寺が見えてきました。

 

少し石の階段を上がると入り口です。

 

 

本堂の真ん中に、飾られていました。

 

 

企画された「和プロジェクトTAISHI」のことや、

奉納揮毫の趣旨、私のプロフィールなども

貼ってくださっていました。

 

聖徳太子の愛馬の像。ここから法隆寺などご公務に通われていたそうです。

 

 

一願してからのゴーン。

 

二面石。右が、善面、左が悪面です。

この善面を岡本太郎氏が見て、太陽の塔の顔を作ったそうです。

確かに、似ています!

日月星の三光石。

色なところにさりげなく貼られている絵は、住職が描かれたものだ

そうです。

  

せっかくなので、何十年ぶりかに石舞台に寄りました!

囲っている桜も満開で、お見事です。

中にもは入りました。明日香村、歴史のロマンを感じます。

橘寺で奉納揮毫

4月3日は、十七条憲法制定の日ということで

聖徳太子が生誕された橘寺(奈良・明日香村)で、奉納揮毫をしました。

カーンカーーンという鐘の音が合図で、お寺の玄関の方から歩いて本堂に

向かいました。

まずは、住職による法要です。

そして、書と、今回は、絵も描かせていただきましたので

皆さんの見守る中、少し時間がかかりますので、何回も事前に

練習をして臨みました!

 

企画は、和プロジェクトTAISHIで、この日は、全国で

ゆかりのある19の寺院と杉原千畝記念「人道の丘公園」で

一斉に平和を祈る揮毫が行われました。

 

終わった後、お茶をいただきながら、住職と少しお話をしていたのですが、

なんと、住職から、ご自身で描かれたという聖徳太子の絵を

プレゼントしていただきました!なんと嬉しいことでしょう〜。

 

 

 

「2.11和の国日本 建国記念の奉納揮毫」

本日、2月11日は、建国記念日。

主催・企画:和プロジェクトTAISHI(代表:宮本辰彦さん)で

「2.11和の国日本 建国記念の奉納揮毫」が、

伊勢の神宮と大八洲八神宮で行われました。

熱田神宮と伊勢神宮は、色紙奉納で、熱田神宮の書を

担当させていただきました。